脊柱管狭窄症を本気で改善したい方に!

  • 脊柱管狭窄症について
  • 治療の流れ
  • 治療症例
  • 患者さんの声
  • 料金
  • 院長挨拶
  • お問い合わせ

脊柱管狭窄症の改善へ向けて、一緒に戦いましょう!

脊柱管狭窄症は、他の腰痛の症状に比べ改善するスピードが遅いです。
施術を受けられる方自身の改善したいという気持ちと、定期的な通院、我々との信頼関係が大切になります。

仙人接骨院の4つのお約束

1.最短で改善に導くため、重度の症状でも決してあきらめません。

2.大切な時間を使って遠くからお越しいただく方に対し待ち時間を作りません。

3.ご提示以外のご費用は一切いただきません。

4.改善に至らなくても専門医などとの連携で最大限改善のお手伝いをし続けます。

重度腰痛専門 仙人接骨院
仙人 哲哉

スポーツなんてもってのほか、激しい運動はダメ!

絶対安静で寝ていること!

手術しないとよくならない!

注射で痛みをなくす!!

薬を飲むように!

そう言われてしまったあなたへ。
どうか私たちを頼ってもらえませんか?

仙人接骨院は、あなたの腰の根本的な問題に寄り添います。

仙人接骨院

施術を受けられる方の9割は、他院での治療を長年経験し、再発を繰りかえす未完治の方々です。
私共はそのような方々を改善へ導くお手伝いをしております。

脊柱管狭窄症の一般的な治療の流れ

【病院(整形外科等)では】
湿布、鎮痛剤(漢方薬含む)牽引、脊柱管(特に狭窄の箇所に)対する局部麻酔注射。
それでも効果が出ない場合には、狭窄部を広げる金属プレート固定手術。完治成功率は50%ほど。

【一般の治療院、接骨院では】
電気、マッサージ、針、テーピング、温湿布、ローラーベルト、ストレッチ、歩行指導など行いますが、手が出せないというのが本当のところだと思います。

脊柱管狭窄症について

昨今、中高年の間で非常に増えている病状!

脊柱管狭窄症は、主な症状として間欠歩行(歩行時、次第に下股にシビレ、冷えを感じ、一時的な休息をすることでそれら症状が軽減。再び運動可能な状態になる)、
ゴルフ、バットスイング、ダンス等による脊柱の過度な捻転動作が原因。
または病院、整形外科、治療院等での牽引による弊害が多いのも事実である。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰など同様、正しい仙腸関節へのアプローチをすれば治りますが、複合的且つ、反覆的な壊れ方をしている患者さんが多く仙人接骨院でも一番お時間がかかる症状です

主な症状

腰を中心に、シビレ、張り、違和感、痛み伴う。
足の裏、もも裏などにも症状が出る。

再発しないための的確な処置

この疾患も、西洋医学では難治性されておりますが
正しい処置で、日常生活を送れば必ず改善に向かいます。
強いマッサージ、ストレッチ等は無駄な負荷をかけ、関節などが破壊されることが分かっています、
これをキャビテーション破壊といいます。
西洋医学ではいまだにこの手の治療を行っているところが多い実情です。

骨盤図解

図1 仙腸関節

治療の流れ

検査

押圧検査、𧿹趾筋力検査、歩行検査、を行います。
ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰などからの併用が考えられるため、重度腰痛の検査を実施します。

検査

ヒアリング

いつよりこの症状が出現したのか、過去の腰痛の症状の有無、間欠歩行の程度、どのくらいで歩くと痛みが出るのか?
2~3Mなのか?50M以上なのか?
生活、住んでいる地域の地形など含め、じっくり確認します。
この時点で症状の度合いが判断できます。

ヒアリング

処置

仙腸関節をみて、緩める、縮めるなど症状によって使い分けます。
この症状は他の腰痛と複合的に起こる為、椎間板ヘル二ア、坐骨神経痛などで用いる特殊治療を実施します。
また、関節硬直を除去するための押圧を実施します。
したがって他の腰痛の施術よりは時間を要しますが、確実に改善に向かいます。

処置

説明

この疾患は、歴史が古く、他の腰痛の症状に比べ改善するスピードも遅いです。
そこには施術を受けられる方自身の前向きな気持ちと、定期的な通院、我々との信頼関係が大切になります。そのあたりをご一緒に戦えるか、しっかり話させていただきます。

説明

最後に

ご理解いただきたいこと

36年、重度の腰痛患者様と向き合ってきた私ですが、たった一度の施術では完治は不可能です。

過去の症例からも、症状をなくすことは十分可能でもありますが、重度であればあるほど、痛みを抱えている期間が長ければ長いほど、脳が刺激を覚えしまっていることです。

ゆえに正常な状態が安定するまで人により最低でも1回から数回の期間を要します※1(下記の症例報告をご確認ください)
※1 各個人差があります。

当院では、来院時の施術だけではなく、施術後の生活指導にじっくり時間をかけ、日常においての患部側への荷重のかけ方、骨盤に対する冷却等、それぞれの方さんに対して、完全オーダーメイドで対応いたします。

処置完了
大切なこと

多くの病院、整体、接骨院などに通われてきた方は、検査と問診の順序が逆なのではと思われる方もいらっしゃるかと思います。

仙人接骨院では、施術を受けられる方がドアから入られるところより外観検査が始まっております。歩行、姿勢、背中の曲げ方、手の振り具合など、様々な外観検査を行うことにより、おおよその診断(あたり)をつけます。

そのことにより、問診を実施しいろいろ情報をお聞きすることで、原因になる患部を確定させていきます。

施術の症例

施術の症例

アイコン

患者さんの年齢: 69歳
性別: 男性
症状が出てからの期間: 数年前
症状度合い: 重度

ヒアリング 検査

以前よりぎっくり腰を繰り返し、整形外科で治療をしていたが、趣味の御神輿で悪化。足を一歩も前に出せなくなる。だるさ、しばらく休憩し、何とか帰ったが、右腰から右脚にかけてだるさを感じ、翌日整形外科に。MRIの精密検査を受け、脊柱管狭窄症と診断を受ける、歩行は5分ほどで痛みの限界が出てくる。
鎮痛剤と湿布で10日間ほど様子を見たが、治るどころかどんどん悪化する。
大好きなゴルフを長期できず治せるところはと必死に探していたところ、仙人接骨院へお越しいただくことに。

初回

自動ドアをくぐられたところから、歩行検査は開始しています。
その様子を見ていたところ、脊柱管狭窄症特有の歩行を発見。
ヒアリングしていくと、過去に二度、右膝強打の経験。
足の指のテスト、知覚テスト、稼働減テストの結果、右仙腸関節は外傷性日荷重症候、左は単純な非荷重症候と判明。両側の仙腸関節を矯正。
テーピング、アイシングを施工し、症状が少し軽くなる。

2回目

5~6分ほど歩くと痛みが出るが、以前より休憩時間が少なくても回復時間が早くなる。1日目と同様の処置をし、終了後には患部が楽になったとのこと。

3回目

鎮痛剤をやめる。日常生活は何ら支障なくできるようになった。
10分ほどの歩行も問題なし、処置は1、2日目と同様に行う。
自宅でのはいはい体操(当院オリジナル)を指導する。

4回目

20分歩いても痛くならないほど回復。ゴルフへも復帰。

処置後には自分的には完治しました!と喜んで帰っていかれました。

再発が出ないよう、自宅での体操、生活習慣を徹底指導。

総括

仙人接骨院以外では手術を進められたようであるが、この年齢で今ある体力において社会的、精神的に健全であれば、手術はしなくて本当によかったと考えます。
現在は好きなゴルフを楽しまれてるようです。

施術後、あなたはこのような体の変化に驚くことになります。

今日も痛いかな?と怯えながら朝起き上がることがなくなった

靴下がすんなり履けるなんて嘘みたい

腰痛で仕事を休むことがなくなり、上司から信頼されている

子供と1日中遊園地で遊べ、しかもずーっと抱っこしてあげられた

手術なんて必要なかった!もう気にすることがない

マッサージを受けに行く必要がなくなった。その分自分の趣味に時間をかけている

天候に左右されることなく毎日が楽しい

コルセットをわざわざつける必要がない

腰を気にせずゴルフを18ホール楽しめた

もうできないと思っていた運動ができるようになった

※仙人接骨院で施術を受けられた方の声から抜粋

お客様の声

頂いた直筆のアンケートをご紹介しています。
  • お客様アンケート1
  • お客様アンケート2
  • お客様アンケート3
  • お客様アンケート4

脊柱管狭窄症施術の料金

初めての方 15,000円(税込)
二回目以降 8,900円(税込)

お支払いは下記クレジットカードがご利用いただけます。

使用可能クレジットカードロゴ

保険診療では施せない施術となります。
保険診療=制限治療 であるため、当院では2016年3月末日を持ちまして保険診療を撤廃し、
腰痛特化型施術へ切り替えました。

近影

仙人 哲哉

【趣味】
ノルディックウオーキング、映画鑑賞、酒

【資格所得】
・柔道整復師
・ノルディックウォーキング上級資格

【性格】
明るく、行動力抜群
人生一直線タイプ

仙人接骨院の仙人哲哉です、本名です。
浦安の地で開院して早36年が経ちますがなかなか本名だと思っていただけずお店の名前と勘違いしている方がほとんどです。
仙人という名前は昔、昔私の祖先が漁師だった頃台風の時地引き網で何人かの命を救ったそうです。
その時の富山県大名様が仙人わざだと言ってもらった名前です。

生年月日は1955年12月9日
1976年柔道整復師免許所得
父の経営する江東区仙人接骨院で父、兄と共に働く。
その後上野にある金井整形外科に勤務―現代医学では人は治らない事を痛感する。
1980年現在の千葉県浦安市において仙人接骨院を開院する。
最初の約10年は電気治療、マッサージを行い   
改善しない患者さんが大勢いるも、そんなものだと気にも止めず。
そんな時現在の構造医学に出会う。
目から鱗でした。
歩く事、アイシング、関節の大切さを学び
現在ではノルディックウォーキングの上級指導員として新浦安支部で歩行指導をしています。

私のこれからの人生は現代医学、現代医療で治らない、病院で見放されてい方専門に施術する事です。

実は私自身も過去に重篤な椎間板ヘルニア、ぎっくり腰を経験し歩行困難になりました。患者さんの辛さ、気持ちは痛い程わかっております。
そんな私に身体を任せてはいかがですか?
仙人接骨院に是非お任せください。